シェアハウスのメリットとデメリット

一種の出会いの場でもあり、メリットも多いシェアハウス。都内にはシェアハウスが増えています。多少のデメリットもありますが、やはりメリットも多いです。今回は、そんなシェアハウスのメリットとデメリットについてご紹介します。

シェアハウスのメリット

シェアハウスの最大のメリットと言えば、金銭面です。敷金・礼金の他、光熱費など共用で支払うので、一人当たりの負担が少なく済みます。ただし、光熱費に関しては自分がほとんど使わなくても平等に出し合うパターンが多いので、使い方には注意が必要です。
また、金銭面で言えば家電も含まれます。多くの場合、シェアハウスには家電が備え付けられているところが多いので、買う必要がなく、節約になります。
生活面は、一人暮らしをするより楽しいという点です。もちろん衝突することもあるでしょうが、帰れば誰かがいたり、食事を一緒に食べたりできる点では精神的にもメリットが多いです。また、様々な人と出会うことができるので、人付き合いが好きな人にはおすすめです。

シェアハウスのデメリット

シェアハウスのデメリットは、メリットとも言える人間関係です。これは良い人に当たればもちろんメリットになりますが、マナーが守れない人に当たってしまうとデメリットになってしまいます。
また、音や友人を自由に呼べないことも挙がります。シェアハウスということで、「家」ではなく「部屋」が隣同士ということがポイントになります。家が隣でも、あまりにもひどい音でなければ聞こえることはありませんが、部屋が隣だと色んな音が聞こえます。主に目覚まし時計や会話です。そこでお互いに配慮ができないとトラブルを招きます。そしてシェアハウスによっては住民以外の人を自由に呼べないところもあります。友人を頻繁に呼びたいのであれば注意が必要です。

まずはしっかりと調査を

いかがでしたでしょうか。メリットもあればデメリットもあるシェアハウスですが、しっかりと調べればこのデメリットをいくつか取り除くことができます。壁の薄さや音がどのくらい聞こえるか、友人を呼ぶことはできるかなど、事前に調べられることはたくさんあります。また、インターネットだけで簡潔するのではなく、実際に見に行くことも重要です。部屋の雰囲気や家具がどれだけあるかなどは実際に見てみなければわかりません。ある程度候補を絞ったら、シェアハウスを見に行きましょう。人間関係は会ってみなければわからないので対策はできませんが、まずは歩み寄ることが大切です。一緒に住む以上、きちんとお互いに配慮をしつつ良い関係を築けるよう心がけましょう。

急な転勤や異動による住居のご相談に乗ります。 24時間無料のカフェのようなデザイナーズラウンジ。 創業12年目、首都圏を中心に35棟約1,900戸のソーシャルアパートメントを企画、運営しています。 保証金(敷金)、礼金1ヶ月。仲介手数料は不要です。 家と会社との往復生活に退屈している社会人の方に刺激のある暮らしが待っています! 毎日を楽しくシェアハウス!