シェアハウスに住む

シェアハウスの魅力と注意点

シェアハウスは一つの物件を複数の入居者で使う物件です。ほとんどのシェアハウスが個人のプライベートスペースと共有部分に分かれていて、家賃の相場はシェアハウス以外の物件と比べると安くなっており、若年者に人気があります。

様々な人と交流が持てる

シェアハウスでは複数の入居者と住むので、他の入居者と交流できます。家賃が安く済んだり、初期費用がほとんど必要ないだけでなくそれまで出会う機会のなかった人と接点を持てるのもシェアハウスの良さです。従来の賃貸住宅と比べて審査がそれほど厳しくなく、数年という長い契約期間も存在しません。そのため短期滞在の外国人や海外からの旅行客にも人気があるので、普段海外の人と交流がない人でもシェアハウスがきっけで出会える事もあります。同じシェアハウスの大家でも管理会社に全て任せている大家もいますが、中には積極的に管理を行って入居者と交流を持つ大家もいます。そのため従来のシェアハウスとは違った生活を楽しむ事ができるのです。

初期費用や家財道具もいらない

賃貸住宅を借りる時、敷金や礼金など初期費用が高い事が入居者の負担になります。しかしシェアハウスは入居時の初期費用が比較的安いために入居時の金銭的な負担が少ないです。入居時の初期費用はシェアハウスによってそれぞれ違うので、入居前に確認しておくと良いです。さらに入居した時に生活に必要な家財道具がない場合は購入する必要がありますが、シェアハウスでは既に用意されているので、購入する必要がありません。光熱費は本来は別で入居者が支払うのが一般的ですが、シェアハウスでは管理費用の中に含まれている事が多いです。シェアハウスによって完備されていないところもありますが、ネット回線も準備されているところが多く新たに回線も引く必要がないのも魅力です。

共同生活は気遣いが大切

自分一人が借りている賃貸住宅ならば周辺の住民に迷惑にならない生活を送れば自分の部屋は自由に使えます。しかしシェアハウスは共有して使う住宅なので、他の人への配慮が必要です。自分のプライベートスペースはある程度自由に使って問題なくても共有スペースは違います。共有スペースの利用に関してはキッチンや風呂の使用時間や掃除などルールが定めてある事が多いので、それを遵守しなくてはなりません。それが守れないと他の入居者とのトラブルになる事もあるので注意するべきです。共有スペースのルールに関しては入居前に確認しておくべきです。
他人への配慮を充分にしてシェアハウスを利用する事で、シェアハウス独自の恩恵を自分自身が受けられると言えます。