知っておきたいシェアハウス

シェアハウスをする前に知っておきたいポイントとは

日本ではあまり馴染みのない住居の確保の方法として、シェアハウスの利用は知っておくと良いでしょう。国内での暮らし方の選択肢として有用なだけでなく、海外で生活するというときには重宝する方法になるからです。

シェアハウスとは何か

日本で住居を探そうと考えると一人きりか家族で暮らすということを考えるのが一般的です。赤の他人と一緒に暮らそうという発想を最初から持っている人はあまりいないでしょう。しかし、それが世界的にはよく行われることなのです。シェアハウスとは一つの住まいを赤の他人同士で巨熊して暮らすための住居を指しています。特に海外の学生などはよく行っているものであり、学生同士で一軒家を数人で共有して家賃を折半することにより安く住まいを確保しているのです。日本ではシェアハウスはあまり広まっていませんでしたが、少し違う概念を盛り込むことによって都心部を中心にして徐々に広まってきました。どのようなシェアハウスが日本にはあるのでしょうか。

日本におけるシェアハウス

日本で広まってきているシェアハウスはテーマ性が高いのが特徴です。一般的な不動産会社ではあまり取り扱っていませんが、シェアハウスを専門とする業者が紹介してくれるでしょう。同じような考え方を持っている人同士で一緒に住めるようにして、互いに意見交換を行えるようにするというコンセプトで営業されているシェアハウスが多いのが日本での市場展開の特徴です。ビジネスに興味がある人を集めることで互いに暇な時間にはビジネスについて討議する機会を与えているといった形になっています。のんびりと暮らしたい老後の人を対象としたシェアハウスや、カフェ営業をしたい人のためのシェアハウスなど様々なコンセプトに基いて用意されているのが現状です。

海外におけるシェアハウス

海外に行くときにこのような日本のシェアハウスをイメージしてしまうとまるで異なっているので面食らってしまうでしょう。基本的には互いに安く住まいを手に入れるために折り合いをつけて住もうという考え方で住まいを共通化しています。費用をかけないというのがコンセプトとしてあるため、互いに価値観が違ってもルールを決めて掃除などを分担するようになっているのが特徴です。光熱費も折半するため、互いに節電をしようといった呼びかけをし合う場合もよくあります。たまたま興味が一致する場合には余暇に議論をする場合もありますが、そうでない場合には一般常識などの話をして社会的な交流を行うだけになるのが通常です。このようなシェアハウスは日本にもあるものの、多数派ではないので注意しましょう。